笹バナー(キャッチコピー有).PNG

>​クマ笹飼料とは

 クマ笹 飼料 

 リオハーバルシリーズ 

特徴

◆豊富に含まれるキシロオリゴ糖・有機酸などが腸内の健康状態を維持します。

お問合せ先:​市場開発室

キシロオリゴ糖.png
キシロオリゴ糖.png
キシロオリゴ糖.png
お手紙豚

事故率が低減したという

​お声を頂いてます!

◆増体率UPによる生産性改善が期待できます。

◆黒糖のような香りが、嗜好性を高め、飼料の食下量改善に役立ちます。

  (夏時期、分娩前後の母豚)

げっそり豚.png
ぷっくり豚.png

◆飼料効率向上による飼料費の節約が期待できます。

札束1.png
札束2.png

◆腸内善玉菌を安定化させ、排泄物臭気低減が期待できます。

うんち1.png
うんち2.png

北海道産原料のみを使用し、独自製法で有効成分を抽出した天然エキスです。

​◆水溶性液体製品であり、飲水に対する溶解性も良好です。

 クマ笹 飼料:増体効果 

対象豚:離乳後の仔豚

品名:リオハーバル クマザサペレット 20F(形状:クランブル)

期間:約30~40日間

投与量:1頭あたり3g/日

平均体重.PNG
体重推移.PNG

※本データは一定条件下で測定されたものであり、製品の性能を保証するものではございません。

 クマ笹 飼料:腸内細菌数の増減 

対象豚:肥育豚

品名:リオハーバル クマザサペレット 20F(形状:クランブル)

期間:約30日間

投与量:給与飼料に5%添加​

腸内細菌数(修正).png

善玉菌:消化吸収の補助、健康維持(ビフィズス菌、乳酸産生菌、酪酸産性菌)

​酪酸産生菌が低下すると、病原菌が増殖しやすくなり、腸炎や皮膚炎のリスクもあがります。

菌比率.png

有益菌:おなかの調子を整える菌。

有害菌:多いとお腹の調子が悪くなることがある。

バランス菌:有益菌が多い時に有益に働き、有害菌が多い時に有害な作用をする菌。

腸内細菌割合の変化

※本データは一定条件下で測定されたものであり、製品の性能を保証するものではございません。

​有害菌を滅じ、バランス菌を増やしたことで糞臭気も改善。

 クマ笹飼料:健康以外の効果 

消臭

%E8%B1%9A%EF%BC%92_edited.png

オリゴ糖を豊富に含むため、家畜やペットの腸内環境を維持することができ、さらに善玉菌を増殖させることにより、糞便の臭いが低減されます。

消臭効果(効果).png

※本データは一定条件下で測定されたものであり、製品の性能を保証するものではございません。

 旨味成分向上

品名:リオハーバル クマザサペレット 20F(形状:クランブル)

期間:出荷前90日間

投与量:1日あたり1g/頭

​分析部位:ロース肉(脂肪酸組成の分析)

旨味成分:オレイン酸

​雑味成分:リノール酸

脂肪酸.PNG

※本データは一定条件下で測定されたものであり、製品の性能を保証するものではございません。

クマザサを投与豚のほうが旨味成分比率が高く、雑味成分と云われるリノール酸比率が低い結果となった。

クマザサに含まれる有機酸・ポリフェノール、オリゴ糖、多糖類等の有効成分が健康的な腸内環境の安定化に寄与、必要な有効成分を効率的に吸収した結果と考えられる。

 実績一覧 

効果実例(改)_saisyuusei .png
豚.PNG

※本データは一定条件下で測定されたものであり、製品の性能を保証するものではございません。